【エリザベス女王杯2018】穴馬の考察|展開から予想される2つのポイントを紹介!

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

エリザベス女王杯、穴馬を考えていきたいと思います。
が、混戦ですね。

堅い堅い決着になりそうな気がしないでもないですが、
展開予想で穴馬をピックアップしておきます。
逃げを打つのはプリメラアスールもしくはクロコスミア。
カンタービレは今回はハナ争いには加わらないでしょう。

プリメラアスールもクロコスミアもスロー逃げのタイプ。
プリメラアスールは馬自身の能力に衰えも見え、逃げ切るのは厳しいでしょう。

クロコスミアはチャンスがありそうな雰囲気はありますが、
今の岩田が逃げてレースを支配するというイメージは持ちにくいですね。

展開的には前を行く2頭は、スローの用意ドンを演出する存在だと考えます。
エリザベス女王杯は京都2200m外回りの舞台ですが、
レースが動くのは3コーナーを過ぎてからが基本となります。

しかし、それだと力通りの決着になるので、レースを動かすために
3コーナー手前、向こう正面辺りで早めに仕掛ける馬も出てくるでしょう。

実際にやるとすれば津村騎手騎乗のワンブレスアウェイ。
もしくは四位騎手騎乗のエテルナミノル。

四位騎手辺りは仕掛けてくる予感はありますけど、どうなるでしょうか。

道中で仕掛けてどうなるの?

直線まで溜めておきたい脚を早めに使わされることとなり、
ゴールまで100m50mで脚が止まってしまいます。

そこを後ろから死んだふりをしてきた馬が差し切るという展開ですね。
今回、3コーナー手前でレースを動かす動きが起こるかどうか?
確率は五分五分ですが、それがあったとしての穴馬予想です。
▲17番ミスパンテール

皆様ご存知の「典ポツン」ですね。
レースが早目に動けば動くほど、後方で死んだふりから

4コーナー捲りに近い追い込みがスタートして差し切りを狙うでしょう。

一発を狙うならこの騎乗しかないと思います。

レースが動かなかったら、典さんは早々に諦めて
典ポツンからのレースに参加することなく13着くらいで負けでしょう。
☆3番レイホーロマンス

レースの中心となるのはモズカッチャン・リスグラシュー・ノームコア。
この3頭ではノームコアが中団、リスグラシューとモズカッチャンは後方から。

ノームコアのポジションを確認しながらどこで仕掛けるかを考えているでしょう。
視線は外外へ向いています。

インのノーマーク馬を狙いたい、と考える中で筆頭がレイホーロマンス。

終いの切れ味は十分に通用するものを持っています。
インでじっくり脚を溜めて、抜け出しを狙います。

京都の4コーナーは比較的馬群がバラけやすい(横に広がりやすい)コースですので、
インがぽっかりと空く確率が高いです。

そこを突いて伸びてくればワンチャンスあるのではないでしょう。

状態も良さそうなでイン突きを期待して穴馬に指名します。
エリザベス女王杯、展開から穴馬を考察すると

・後方一気
・ノーマークのイン突き

この辺が高配当への近道でしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!