【マイルチャンピオンシップ2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

土曜日は東京スポーツ杯2歳ステークスが行われ
来春のクラシックを賑わしそうなメンバーがしのぎを削りました。

結果は札幌2歳S上位馬が1・2着。
札幌2歳Sに出走していた馬は今後押さえておいた方がいいかもしれませんね。

では、マイルチャンピオンシップへいきましょう。

上位拮抗、前日の単勝オッズで10倍を切る馬は5頭。
いずれも人気する要素は多くあります。

意外なのはペルシアンナイトでしょうか。
昨年の勝ち馬で今年も別に悪くないのですが3番人気に甘んじています。

現在、外国人騎手のニュースも多く、騎手買い・騎手消しが予想に占める割合が
高くなっていると感じます。

その中でMデムーロの不調は皆さんも感じているかもしれませんね。
その辺がオッズに影響しているかもしれません。

本日は単穴・紐穴について触れておきたいと思います。

単勝穴馬

単勝で狙う穴馬、と聞いてオッズはどこから上を考えますか?
一般的には、単勝万馬券は「単勝万馬券」と表現すると思います。

つまり、穴馬よりももっと大穴、という位置付けですね。
今回は「単勝10倍以上」の馬を単穴と定義させていただきます。

この秋G1は外人騎手を買えば当たる、が定説とさえなっています。

ならば外人騎手で単穴に相当する馬を買えばいい。

シンプルですがこの思考です。

▲7番ロジクライ

Cデムーロが騎乗の当馬は前日で6番人気10.9倍。
当日のCデムーロが勝ちまくれば10倍を切るかもしれませんが、
一旦このまま進めさせていただきます。

まずCデムーロに触れておくと、既に京都芝で5勝の[5-4-3-12]。
3着以内率は50%と凄まじいというかおそろしい成績です。

京都で買いたい騎手No1といっても過言ではないでしょう。

ロジクライの評価を考えると、まず展開に恵まれます。
G1とはいえ、確たる逃げ馬不在でアエロリットかロジクライが
先行好位を形成します。

ここにアルアイン辺りも絡んでくるかもしれませんが、
いずれにしてもスタートからの直線の長い京都で、
慌てる必要はありません。

自分のペースを作って、結果的にハナに立っても
2番手3番手になっても関係ない、そういうレースになるでしょう。

3コーナーの坂の頂上を回ると、そこで一息入れれます。
4コーナーから直線の叩き合いですが、
前走富士Sからは余裕を感じます。

ロジクライの脚が止まるとは思えません。

となると、ペルシアンナイトとモズアスコットがけん制し合っている間に、
ロジクライがそのまま押し切る、という場面が容易に想像できます。

アエロリットを交わせるかどうか、ですが、
アエロリットは左回りの方がスムーズです。

クイーンSで勝利しているように右回りがダメ、
というタイプではありませんが、スムーズさで見るなら左回り。

直線の伸びはロジクライが上回ると見ます。

ロジクライが凌ぎ切る、というレースを想定して
単勝穴馬に指名しましょう。

紐穴

連で馬券を買う場合には2着3着まで広げないといけません。
ここを考えるときには、地力上位よりも「ハマったときの強さ」で測るべきでしょう。

今回の出走メンバーで上がり最速を出すのはどの馬でしょうか?
おそらくモズアスコットでしょう。

では上がり2位は?

上がり3Fはラスト600mの走破タイムを表示します。
時間にして33秒前後。

今回のメンバー、全体的に33秒台後半で上がってくる馬が多いと見ます。
その中でモズアスコットは33.3くらいでしょうか。

モズアスコットが馬券圏内に届くと仮定して、33.3で上がってきました。
レースの上がりタイムが34.0だったとしましょう。

こういうラップの中で、33.5で上がってくる馬がいるとすれば
どこまで食い込めるでしょうか?

もちろん、道中のポジションも大事になります。
中団に付けたとして、京都の横に広がる4コーナーを迎えたとして。

上がり勝負と言えばディープインパクト産駒です。

極上の切れ味を発揮して、直線でまとめて交わす、
そんな競馬を得意とする馬が多いのは皆さんもご存知のところでしょう。

ディープ産駒は4頭エントリーしています。内から
6番ジュールポレール
10番ミッキーグローリー
13番レッドアヴァンセ
16番カツジ

この中から上がり33.5で3着に飛び込んでくる馬を考えます。

☆6番ジュールポレール

ヴィクトリアマイル勝ち馬からマイルという距離適性が問題ないことは証明済みです。
そもそもマイルで5勝なので、一番適距離なんですけどね。

昨年はエリ女に進めて大敗。
これは距離しかありません。参考外です。

追い切りをチェックしました。
ディープを例えるに「空を飛んでいるようだ」と表現されます。

ジュールポレール、空を飛んでいるような追い切りを披露しています。
ディープ産駒に多いのですが、好調時に見せる追い切りです。

一般的に競馬の「キレ」は牝馬の方がキレることが多いです。
牡馬は長くいい脚を使う、牝馬は一瞬のキレ。

ジュールポレール、牝馬同士だとそこまでキレが注目されることはありませんが、
ソコソコのものを持っています。

今回のメンバー相手に、仕上がりの良さ、雨の降らない馬場を考えると、

上がり3F2位、33.5で上がってくるのはジュールポレールではないでしょうか。

ジュールポレールは前日の単勝人気は10番人気の36.3倍。
紐に加えたい一頭です。

以上、マイルCSの穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!