【チャンピオンズカップ2018】アノ人気馬が不安

ank2018

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週から師走競馬が開幕、中京競馬場ではチャンピオンズカップ2018が行われますね。

残念ながらゴールドドリームが回避となってしまいルヴァンスレーヴはかなり人気を集めそうですが、個人的にはこの馬が勝つのはなかなか大変なんじゃないかなと見てるんですよね。

という訳で今回はルヴァンスレーヴなど人気馬の死角と思える事を書いてみようと思います。

 

基本は内枠有利です

秋のダートG1といえばかつてはジャパンカップダートが行われていましたが、2014年から舞台は中京ダート1800へ替わり「チャンピオンズカップ」という名前で行われるようになりました。

中京ダート1800はスタートしてすぐに上り坂がある為2度の坂越えがあったり、コーナーがきつくて後方から押し上げようとする馬は外に膨れやすいなどなかなか癖の強いコースだと思います。

実際過去4年の結果を見てみると・・・

2018y11m30d_042145471

馬番別成績はご覧の通りで内枠優勢な結果

2ケタ馬番で馬券になったのは2頭しかおらず、2014年ローマンレジェンド3番人気に支持されて3着、2017年テイエムジンソクは1番人気に支持されて2着。

これ以外はすべて1ケタ馬番の馬しか馬券になっていません。

2ケタ馬番の馬は◎に狙いにくい感じがします。

 

チャンピオンズC過去4年の傾向

今度は過去4年好走馬の道中の位置取りをまとめてみました。

2014年
1着08番ホッコータルマエ 道中内から2列目を通って先行
2着04番ナムラビクター 頭中内から2列目を追走好位差し
3着12番ローマンレジェンド 道中内から3列目付近を通って捲くりぎみに先行

2015年
1着04番サンビスタ 道中中団ラチ沿いを追走して直線は馬場の真ん中に出して差し
2着01番ノンコノユメ 道中後方ラチ沿いで脚を貯めて直線は最内から追込み
3着02番サウンドトゥルー  道中後方ラチ沿いで脚を貯めて直線は大外から追込み

2016年
1着08番サウンドトゥルー 道中は後方インで脚を貯めて直線で外に持ち出して追込み
2着02番アウォーディー 向う正面までは内で脚を貯めるのですが3~4角で捲くって動いた分最後に伸びきれず
3着04番アスカノロマン 終始ラチ沿いを先行して直線逃げ馬を交わすも最後に差されて3着

2017年
1着09番ゴールドドリーム 道中は中団より少し後ろ、内から2列目付近を追走して直線馬場の真ん中に出して差し
2着13番テイエムジンソク 終始内から2列目を先行
3着01番コパノリッキー 終始ラチ沿いを通って逃げ

馬券になった12頭の道中の位置取りを書きだしてみましたが、終始内から3~4列目を通って馬券になったのは2014年のローマンレジェンドだけ。

つまりこのチャンピオンズCを好走するには

A 内から2列目以内を通って逃げ先行
B 道中内で脚を貯めて直線差し

このいずれかの条件が必要といっていいと思います。

いかにタイトにロスなく回ってこれるかが鍵を握るレースと言えそうです。

前で競馬ができる馬はとりあえず激流にさえならなければ戦えると思うのですが、中団、後方からレースする馬は砂を被っても大丈夫な馬か、前が止まるような展開になった時だけ直線だけでどうにかなるレベルの馬も通用するのかなと思います。

 

あの人気馬が不安

以上を踏まえて今年の人気馬を見ていくとまずはルヴァンスレーヴ

7戦6勝と凄い戦績の持ち主で、ものすごくポテンシャルの高い馬なんだろうなあと思うのですが、この馬はまだ馬群に入る競馬をほとんど経験してないんですよね。

JRAの競馬場で古馬との対戦も今回が初めて。

ゴールドドリーム回避に加え、内枠を引いた事で一層人気を集めると思いますが、先行するのもなかなか難しいでしょうし一旦下げて後方から捲くっていくような競馬になると思うんですよね。

前が止まるような競馬になれば直線後方にいても届くかもしれませんが、人気を背負ってる事を考えても早めに動くはず。

で、早めに動いた人気馬で思い出すのが2016年1番人気で2着に敗れたアウォーディー。
前半は内で脚を貯めていたんですが、3~4角から動いて上がっていきました。

2018y11m30d_044340994

こちらは2016年チャンピオンズC直線入り口付近の様子。青で囲った2頭の内、外に膨れているのがコーナーで動いた人気のアウォーディーで、内は先行して穴を開けたアスカノロマン。
勝ち馬サウンドトゥルーは赤で囲った馬。ここから外に出していっても届くんですよね。

ルヴァンスレーヴも人気を背負ってしまう以上、のんびり構える事はできないはず。かといっていつものようにコーナーで上がっていくとアウォーディーみたいな感じの負け方になるのかなあと思えます。

 

もう1頭気になるのはケイティブレイブ

以前は逃げ1本だった馬ですが、最近は差す競馬も板についてきました。

ただこの馬も外を回して気分よく競馬をしたいタイプなんですよね。

昨年のチャンピオンズCではラチ沿いで好位のインを追走とレース傾向的にはかなり理想的な位置で競馬ができたのにそこから伸びませんでした。

かといってJBCのような競馬をするとコーナーでのロスがありそうですし、もしかしたら坂がだめな気もするのですが、いずれにせよこの馬も勝つのは大変そうな気がします。

 

という訳でルヴァンスレーヴケイティブレイブは勝たれたらごめんなさい!私はこの2頭以外の馬を◎に考えています!

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!