【有馬記念2018】注目馬紹介!1枠1番オジュウチョウサンで伝説の有馬記念になるか?

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。
木曜日に有馬記念の公開枠順抽選会が行われました。
ご覧になられましたか。

各陣営の一喜一憂した姿が見れるのでいいですね。
予想の参考に少しはなるのではないでしょうか。
外枠に入った陣営のほとんどはあまり笑顔がありませんでした。

対照的だったのはオジュウチョウサン陣営。
武豊騎手はやっぱり持っていますね。
前フリをしっかりしてから、1枠1番をしっかり引くという。
一気に会場の空気も変えていました。
ラッキー枠に入ったので伝説の有馬記念になるか注目です。

では、今週行われる有馬記念の注目馬を分析します。

1枠1番 オジュウチョウサン 武豊騎手

冒頭でも紹介したオジュウチョウサンですが、武豊騎手が騎乗と言うことでも人気を集める存在になるでしょう。
有馬記念は特別なレースで普段競馬をしない人でも賭けるレースです。
知名度抜群の武豊騎手に障害でもGⅠ馬が乗ってオッズを考えると夢を買うファンも多くいるはずです。
夢が叶うのか、砕かれるのかは走ってみないと分からない部分はあるが、「武豊人気」でオッズが上がっている感は否めない。
さらに障害では絶対的王者であっても平地では500万っと1000万を連勝しただけの準オープン馬である。
平地重賞は今回が初めてである。
仮に障害王者ではなく、鞍上が武豊騎手で無ければここまで注目されていないでしょう。
フラットに考えると過剰に人気している様な印象が強い。
前走の南部特別のレースを見れば力不足なのは明白である。
今回はさらに相手関係が大幅にアップするので厳しい競馬になるでしょう。
鞍上の武豊騎手の「ユタカマジック」が発動すればっと言った感じでしょう。

6枠12番 レイデオロ C・ルメール騎手

出走メンバーの中で最も注目度が高いのはレイデオロでしょう。
記事作成時のオッズをみても人気をかなり集めそうです。
ダービー以降もしっかり結果を残しており、馬券を外したのは海外遠征した時だけなので国内では馬券を外すイメージが湧かない。
今秋の競馬は国内敵なしの競馬をしている。
GⅠは天皇賞秋のみだが、レース内容は完璧でした。
まさに横綱相撲という見ていて安心できる内容だった。
ジャパンカップには出走しなかったので少し間隔が空いたが、状態面は全く問題ない。
調教でもかなりパワフルな動きをして、さらに成長した姿を見せている。
今が完全にピークと言える馬体である。

唯一の不安は当日の天候である。
レイデオロは道悪はあまり得意ではない。
今年の2月の京都記念では重馬場で最後の脚が伸びずに敗れた。
暮れの中山はかなりタフな馬場になっている。
さらに当日は雨予報も出ている。
道悪になる可能性はかなり高い。
力のいる馬場になれば凡走の可能性も秘めている。

注目度が高いであろう2頭を精査したが、今年の有馬記念はかなり小粒な印象がある。
なので本質的にはレイデオロを中心に馬券を組み立てる予定です。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!