【ホープフルステークス2018】枠順見て頭を抱えています

ank2018

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週は金曜日のみの開催ですが、2018年最後のJRAG1ホープフルステークスが行われます。

個人的には昨年三連複万馬券を的中できたレースなので今年も!と思っているのですが、枠順を見て少し頭を抱えているんですよね。

今回はホープフルSで気になっていた馬と枠順のお話を書いてみようと思います。

先週の馬場傾向

まずは先週の中山芝レース。
雨が降った影響もあったと思うのですが、かなり差しが決まっていましたよね。

2018y12m27d_074713823

こちらは先週の中山芝コースの馬番別成績。
土日全部で11R、馬券になった33頭の内26頭は8~15番の馬なんですよね。
内枠と大外枠がやや不振で中枠から外目の馬の活躍が目立っていました。

今週は良馬場で行われそうなので、レース当日やってみないとわからないところはありますが、先週の結果だけを見ると内の方は荒れていて不利なのかもしれません。

 

年末開催の馬番別成績

2018y12m27d_075308010

そしてこちらは路盤改修工事が行われた2014年以降、年末開催の中山芝馬番別成績。
具体的には2014~2016年は有馬記念週、2017年以降は有馬記念週とホープフルS週で集計したものです。
こちらで見ても内枠がやや不振な結果となっています。

 

ホープフルSの悩ましい枠順

ホープフルSは枠順を見てがっかり。
非社台系生産馬が綺麗に内枠と8枠に集中、個人的には内枠に気になる馬が多くて悩ましいです。

最内枠を引いたニシノデイジーは札幌2歳Sで「重たい馬場向き」の馬だと思って◎に狙った馬。
なのでペースが流れたとはいえ上がりの速い東スポ杯も勝ったのはちょっと驚き。
馬群に入っても我慢できましたし、この馬なら荒れ馬場でもこなせてしまいそうな気がするのでこの枠でも。

ブレイキングドーンは新馬戦でアドマイヤジャスタに3馬身つけて勝った馬。
新馬戦はコース追いせずに坂路だけで強い勝ち方をしてしまった馬ですが、取消になった萩Sの時からウッドコースでも調教できるようになりました。
京都2歳Sでもワールドプレミアに0.4差つけての2着に好走しましたのでこれも楽しみに思える1頭です。

キングリスティアは今の馬場に合わない可能性がありますが、これも能力的には楽しみな1頭。
新馬戦は7番人気と低評価での逃げ切り勝ちした馬でしたが1000m通過61.2で2分1秒2の走破タイムはかなり優秀。
同日牝馬限定戦だったとはいえ古馬1000万のレースが1000n通過59.8で走破タイム2分0秒5、このレースの5着馬に相当するタイムでした。

ヒルノダカールの未勝利勝ち2分1秒7も優秀。
こちらは前日に京都2歳Sが行われていましたが、クラージュゲリエの勝ち時計は2分1秒5、ブレイキングドーンは2分1秒6でしたから、このレースに出てれば3着に好走できたはず。
机上の計算だけならワールドプレミアの3馬身前にいた事になります。

・・・と、これだけ楽しみある非社台系馬がこぞって内枠を引かされてしまった枠順。
思えば2018年は「内枠が強い」と言われたG1・・・天皇賞春、日本ダービー、菊花賞、有馬記念などなどこぞって内枠が全滅で、過去のデータに振り回された1年でした。

ここも馬券を買う事を考えるとこの枠順は悩ましいですね。
サートゥルナーリアの強さは本物だと思うのですが、内枠4頭をどう扱うかで頭を抱えそうです。
過去データの逆をいくなら敢えて内枠を買う手もありそうですが・・・。

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!