ホープフルS2018予想|サートゥルナーリアの考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

27日金曜日に今年最後の中央開催が行われます。
昨年からGⅠレースに格上げされた
ホープフルステークスが今年最後のGⅠレースとなります。

有馬記念が終わった後なので気持ちが入りにくいかも知れませんが、
ホープフルステークスは来年のクラシック戦線にも繋がる重要なレースです。

この時期に中山2000mを走るのは陣営もクラシックや
その先を見据えての出走なので見ておいて損はありません。

2歳戦はマイル以下のレースが非常に多いです。
ただ今回は出走メンバーの多くはほとんどが
マイル以下を走った経験が無く、
1800m以上を使ってるので
どの陣営もクラシックを見据えた出走といえます。

その中でも注目を集めているのが超良血馬のサートゥルナーリア

今回はサートゥルナーリアがしっかり結果を残せるのか精査したい。

サートゥルナーリアはキャリア2戦2勝と
無敗馬というだけで注目されているわけではありません。

その血統背景が注目の最大の要因です。
父ロードカナロアは今年大活躍したアーモンドアイの父として一気に種牡馬としての才能を開花させました。

現役の時は不動の短距離王だったので、仔にもそのスピードが生かされているので
今年のジャパンカップでのレコード決着に繋がったのではないかと考えています。
今が旬の種牡馬です。

さらに母シーザリオはオークス馬でGⅠ馬を輩出しているので
血統面だけ見ても手を伸ばしたくなる超良血馬です。

もちろん血統だけで人気しているわけではありません。
新馬戦の内容も良かったのですが、前走の萩ステークスの内容が一気に株を上げました。

久しぶりの競馬で明らかに仕上がり途中の馬体でありながら、
他馬を子ども扱いにする内容で勝利しました。

直線ではほとんど追うことなく着差を広げているので次元が違うところを見せつけました。
まだまだ本気を見せていないこと考えるとどこまで出来るのか、
さらにそこからの伸びしろを考えると怪物クラスの評価も出来るので
人気を集めて当然です。

ただ不安材料が1つもないわけではない。
まずは鞍上のM・デムーロ騎手である。
今シーズンは昨シーズンの勢いが全く感じられない。
有力馬に騎乗しても以前ほどの信頼は出来ない。
デビューから手綱を握っているが、大舞台でも結果を残せるのか。

そして最大の不安要素は輸送です。
初めての関東圏輸送が最大のカギになるでしょう。
輸送をクリアすれば来年のクラシック戦線で好走出来る可能性が一気に高くなる。
2歳の若駒にはこの長距離輸送はかなりタフになります。

以上の不安材料をクリア出来る可能性はあるものの、
競馬に絶対はないのでこればかりは走ってみないとわかりません。
ただ能力面と血統は大器になれる器である。

なので本質的にはサートゥルナーリアで仕方なし。
しかし、ロマンを追うための予想をしましょう。

印は馬柱で公開しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!