中山金杯、京都金杯、シンザン記念|2019年最初の重賞、注目馬はここだ!

フランケルJr.競馬Study

こんにちは、フランケルJr.です。
新年あけましておめでとうございます。
本年も昨年と変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。

この年末年始はゆっくり出来ましたか。
競馬好きな方はゆっくり出来なかったのではないでしょうか。
いつもなら1週間くらい遊びの週があるのですが、今年は中央開催が終わってから地方競馬も忙しくてあっという間に金杯が迫ってきている感じです。
正直有馬記念から2週間も経ったとは思えません。

昨年秋GⅠを賑わせた馬達が古馬となり、新しいクラシック戦線が始まります。
日曜日に開催されるシンザン記念には今年も注目したい。
昨年の勝ち馬は年度代表馬濃厚のアーモンドアイ。
今年もアーモンドアイクラスの馬が誕生するかも知れないと思うとワクワクします。

そして土曜日に開催される中山金杯と京都金杯。
一年の計は金杯にありっと言うほど競馬ファンにとっては重要なレースです。
今年の競馬運を占う意味でも重要なレースです。

では、今週行われる中山金杯、京都金杯、シンザン記念の注目馬を分析します。

中山金杯

8枠15番 ステイフーリッシュ
GⅠレースでは物足りない競馬が続いているのですが、条件が合わなかったため度外視できます。
この馬のキャリアを見る限りでは中距離専用機の可能性が高いです。
前走は古馬との初対戦となりましたが、そこでも結果を残しているので能力は高いです。
中山はホープフルステークスで経験済みですし、苦手意識はないはず。
前走からしっかり調教もこなしているので状態面も問題ない。
好舞台に戻るので改めて期待出来る。

 

京都金杯

6枠12番 パクスアメリカーナ
前走のリゲルステークスは圧巻の一言でした。
NHKマイルカップ以来なので約7か月ぶりの競馬でしたが、長期休養明けとは思えない競馬内容でした。
さらに初めての古馬対戦と最強世代と言うことも相まって次元の違いを見せてくれました。
叩き2戦目ともなれば期待が高まるが、不安材料もある。
前走の激走の反動が気になります。
調教では見えない疲れなどがあるので激走の反動は警戒しておきたいところです。
さらに4歳馬とはいえ先月まで3歳馬なので精神面的な部分も気になる。
年末年始と言うことで調教も変則的な開催になので、馬自身が戸惑ったりしていないか不安が残る部分はあります。
ただ能力的にはこのメンバーなら抜けているので状態面に問題なければ普通に回ってこれるでしょう。

 

シンザン記念

5枠5番 アントリューズ
新馬戦こそ勝利出来なかったが、以降は2連勝と能力の高さを証明してくれました。
この2連勝はマイル戦なのでマイル能力の高さを見せつける競馬でした。
前走のベゴニア賞での上りは2歳馬とは思えない末脚でした。
このメンバーの中では完成度は断トツに高い。
前走の鞍上の戸崎騎手もこの馬の能力をベタ褒めしたので期待が高いです。
ただキャリアが浅い若駒なので不安な部分もあります。
「遠征」という壁を今回は乗り越えないといけないので、当日の気配には注目です。

以上が中山金杯、京都金杯、シンザン記念の注目馬です。
どの馬もトップクラスの能力の持ち主なので支持を集めそうですが、不安材料もあるのでその点に注意して予想をしましょう。

印は馬柱で公開しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!