【AJCC2019】先週の中山芝コースの傾向から浮上する馬

ank2019

アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週は中山と中京でG2が行われますね。

中山ではAJCCが行われますが、人気のフィエールマンは中間熱発もあったとの事で気になるところです。

一方先週の中山芝コースではちょっとした偏りが見えましたので、予想ではその辺を生かしてみたいですね。

今回は先週の中山芝コースの傾向から浮上する馬について書いてみようと思います。

 

先週はひそかにこんなタイプが活躍していました

先週の中山芝コースは割と差し馬が活躍していた印象。
特に以下のようなタイプがよく馬券になっていました。

2019y01m18d_081352241

上記画像馬は1/12~1/14の中山芝レースにおいて・・・

  • 単勝50倍未満
  • 前走か前々走の芝レースで上がり3位内をマーク
  • 3代内父系に(大系統)Native Dancer系の血を内包

※(大系統)Native Dancer系というのはほとんどがミスプロ系になるんですけど、一部ミスプロを持たない馬もいるので今回はNative Dancer系としました

以上の条件をすべて満たした馬で、全部で31頭が該当して【6.5.2.18】勝率19.4%複勝率41.9%単回値264複回値127と好走傾向でした。

フェアリーSや京成杯では該当馬の数が多くてあまり参考になりませんでしたが、月曜中山7Rでは3頭の該当馬の内10番人気ブリングイットオンが1着、9番人気ヴォイスオブジョイが2着で穴馬2頭がワンツー。6番人気タマモメイトウも5着とすべて掲示板に載っていました。

中山芝2200mで行われた日曜中山12Rでも該当馬3頭が1.2.4着してますので、AJCCでもこれに該当する馬は狙ってみたいです。

 

AJCCの該当馬は?

AJCC出走馬の中で、3代内父系に(大系統)Native Dancer系の血を内包し、前走か前々走で上がり3位内をマークしていた馬は・・・

アクションスター
母母父Forty Niner
前走アンドロメダSで上がり2位

ダンビュライト
父ルーラーシップ
前走チャレンジCで上がり2位

メートルダール
父母父Mining
前々走新潟記念で上がり2位

この3頭。

4歳世代は確かに注目ですが、ジェネラーレウーノは厳しい流れのラップを刻んで後続に足を使わせたくない持久力タイプなのに対し、フィエールマンは速い上がりを使って戦う瞬発力タイプ。

2頭の適性は真逆に近いタイプだと思うので、割って入る馬はいそうな気がします。

上記3頭の中ではアクションスターはおそらく単勝50倍未満という事はないでしょうから、今年のAJCCではダンビュライトメートルダールの台頭を期待してみたくなりますね。

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!