【フェブラリーステークス2019】注目馬紹介|ダイヤモンドS・京都牝馬S・小倉大賞典も!

フランケルJr.競馬Study

こんにちは、フランケルJr.です。
先週は土曜日の東京開催が積雪の影響で中止となり、月曜日に代替開催が行われ結果的に3日間開催となりました。
月曜日は祝日でもあったので多くの方が競馬を楽しむことが出来たのではないでしょうか。
地方競馬も行われていたので結局かなり忙しい1日になりましたね。

週中にはいろいろなショッキングなニュースなどありましたが、週末は競馬を楽しんでリフレッシュしましょう。
リフレッシュする事が出来れば良いのですがね(笑)
良い気持ちで月曜日を迎えるためには的中させることが大事ですからね。

今週は今年初の中央GⅠフェブラリーステークスが行われます。
中央ダート王を決める戦いなのですが、元号が変わる最後のダートGⅠでもあります。
さらにJRA唯一の女性騎手である藤田菜七子騎手の参戦。
今年のフェブラリーステークスは記録にも記憶にも残るレースになるでしょう。
先週は注目馬として挙げた3頭が全て2着と言う結果でした。
先々週が惨敗だっただけに燃えていたのですが、しっかりパーフェクト連対することが出来たので良かったです。
勢いに乗って今週の重賞レースもパーフェクトを目指します。

今週は土曜日にダイヤモンドステークスと京都牝馬ステークスが行われます。
そして日曜日にはフェブラリーステークスと小倉大賞典が行われます。
フェブラリーステークスは最強ダートホースであるルヴァンスレーヴの不参加は残念ですが、かなり豪華なメンバーが揃いました。

では、今週行われるダイヤモンドステークス、京都牝馬ステークス、フェブラリーステークス、小倉大賞典の注目馬を分析します。

ダイヤモンドステークス(東京芝3400m)

8枠10番 ユーキャンスマイル
長距離路線も世代交代が着実に進んでいる。
今までならアルバートやフェイムゲームがいたので勝ち馬予想はあまり必要がありませんでした。
今回はメンバーが新しくなりこの先のステイヤーを見つけるレースとなりました。
注目したいのは昨年の菊花賞3着馬であるユーキャンスマイル。
新コンビとなる岩田騎手を背に復活を誓う一戦でもある。
菊花賞の競馬を見てもステイヤー能力の高さは証明されている。
前走の万葉ステークスは流れ的に合わなかったが、始動戦にしては問題なしの内容であった。
初の東京コースではあるが、左回りの新潟で勝利経験があるので問題ないと考える。
問題は初コンビとなる岩田騎手との相性だけだろう。

京都牝馬ステークス(京都芝1400m)

6枠11番 ワントゥワン
鞍上が未定で決まらないのを心配していたが、M・デムーロ騎手を手配出来たのは運が向いている証拠ではないだろうか。
明け4歳馬も多く出走しているが、淑女のプライドがあるので負けられない。
昨年は夏頃から安定した戦績を残している。
牡馬相手でも上り最速をマークするなど牝馬ならではのキレ足と牡馬相手にも勝負が出来る能力と精神力がある。
今回は牝馬限定戦でさらにメンバーレベルも落ちるので条件的には楽になっている。
さらに鞍上はM・デムーロ騎手となれば正直疑う余地はないか。

フェブラリーステークス(東京ダート1600m)

3枠3番 ゴールドドリーム
一昨年のこのレースの勝ち馬で、昨年は2着と近2年では連対を外していないので、能力だけでなく適性面も問題ないと言うことがココからわかります。
昨年のフェブラリーステークス以降は一昨年と違い、常にレースで結果を残し続けている点も評価出来る。
鞍上も昨年からC・ルメール騎手で固定しているのも何とも心強い。
不安な点は前走の東京大賞典の結果をどう考えるかだ。
負けた相手は世代レベルの高い現4歳世代のオメガパフューム。
ただ世代2番手というところに負けたのが気になります。
しかし、状態面は万全ではなかった事実は知って欲しい。
ほんらいはチャンピオンズカップに向けて調整されていたが、順調さを欠いてのスライド出走なので完璧な状態面ではありませんでした。
今回はここに向けて調整されているだけに逆転は十分可能である。

小倉大賞典(小倉1800m)

5枠8番 マイスタイル
ここもメンバーは揃ったが昨年の活躍からこの馬に注目したい。
3歳の時にはダービーで4着などを獲っており、昨年の結果から考えても間違いなく能力は高い。
さらに2019年の初戦では久しぶりのマイル戦でしっかり結果を残した辺りを考えると能力だけでなく脚質の幅も感じさせる内容でした。
今回は距離延長ではあるものの、今のマイスタイルには距離の変更は関係ないのではないだろうか。
コンスタントに使われているが、追い切りの動きは良い。
状態面もしっかり整えているからこそのこのローテーションでの出走だろう。
ここでも結果を残してくれそうだ。

以上がダイヤモンドステークス、京都牝馬ステークス、フェブラリーステークス、小倉大賞典の注目馬です。
最も注目度の高いレースはやはりGⅠフェブラリーステークスでしょう。
藤田菜七子騎手の結果も注目です。

印は馬柱で公開しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!