弥生賞2019注目馬紹介!チューリップ賞・オーシャンステークスも!!予想のご参考に

フランケルJr.競馬Study

こんにちは、フランケルJr.です。
今週から3月競馬に突入します。
3月と言えば別れの季節ですが、競馬では出会いの季節だと考えています。
新しい仔の誕生や、クラシックレースに向けて力をつけてきた伏兵馬との出会いなどなどです。
今年のクラシック戦線は去年よりもレベルが高そうなのでステップの段階から要チェックです。
この3月競馬を充実して過ごせれば、自ずと春GⅠでは的中出来るのではないでしょうか。

さて今週は冒頭でも触れましたが、今週は土日ともにクラシックに向けてのステップレースが行われます。
さらに土曜日の中山では高松宮記念に向けてのレースでもあるオーシャンステークスが行われます。
今週行われる重賞レースは全てこの後のGⅠレースに繋がります。
前哨戦ではあるので有力馬や素質馬の状態チェックの他にも、この時期に行われるステップレースだからこその思惑などが渦めき合っています。
有力馬ですら一筋縄では行かないレースなので、波乱の決着も考えれることからしっかり精査して最終予想につなげたいです。

オーシャンステークス(中山芝1200m)

7枠14番 モズスーパーフレア
このメンバーの中では1番人気に支持されるのは濃厚でしょう。
武豊が乗るだけ人気なる傾向が以前はあるように感じたが、まさしくそのC・ルメール騎手版である。
多少は彼が鞍上なだけで人気してしまうふしは仕方がない。
最強世代の1頭なので着実に力をつけている。
次走に向けての始動戦の馬はいるが、この馬はおそらくここを狙っている印象が強い。
未だ重賞勝利経験が無いだけにここは勝利が欲しいところでしょう。
自分のペースで競馬が出来ればすんなりもありうる。
ここで強い競馬をされると次走以降は配当妙味が期待出来ないであろう注目の1頭である。

チューリップ賞(阪神芝1600m)

1枠1番 ダノンファンタジー
昨年の2歳女王がここから始動していきます。
父であるディープインパクトが宿っているようなレースぶりで同世代にはライバル不在と言っても問題ない。
普通ならここからこの馬の否定部分を紹介するだろうが、見当たらないのが率直な見解である。
追い切りの動きも中間からしっかり動いており、ここで勝負するのかと思うほどの動きをしています。
前走後に鞍上のC・デムーロ騎手が「桜花賞がたのしみ」とコメントしている点からこの条件はベスト条件。
相手関係も楽になったとなれば勝ち負けは必然である。
阪神ジュベナイルフィリーズ以来の競馬という以外は不安な部分はない。

弥生賞(中山芝2000m)

2枠2番 ニシノデイジー
有力候補が内から順に枠順が決まるという珍事が起きたが、注目したのはニシノデイジー。ラストドラフトはたしかに注目の存在ではあるが、鞍上効果が否めない。
ならば素直にキャリアトップのこの馬を評価するのがセオリーでしょう。
前走のホープフルスステークスは相手に恵まれず力負けしたが、このメンバーなら能力は抜けている。
逆に今回は勝ち方が問われるのではないだろうか。
休み明けながらも追い切り本数はかなり多い。
メイチではないが始動戦にしては十分な仕上がりと判断出来ます。
本番前に良い流れで進んでほしい、

以上がオーシャンステークス、チューリップ賞、弥生賞の注目馬です。
チューリップ賞と弥生賞はクラシックと同条件の前哨戦なので本番に向けて各馬の状態面も注視したい。

印は馬柱で公開しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!