【NHKマイルカップ2019】ダート的な馬が穴馬候補?

ank2019

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週は東京で3歳馬のマイルG1、NHKマイルカップが行われますね。

東京はこれから安田記念まで5週連続G1、1つも獲れないと悲しくなるので毎年早めに1つ当てたいなーと思うレースでもあります笑

今年はグランアレグリア、アドマイヤマーズあたりが人気の中心になると思いますが、今回はそれ以外の馬の中から1発の可能性を感じる馬を取り上げてみようと思います。

 

NHKマイルCはダート適正が必要?

NHKマイルCの穴馬って2種類あると思うんですよね。
1つは重賞やOPとかの実績もあって、「あーそっちだったかあ」と思うような「買えなくもないタイプ」。

そしてもう1つは「えーー!この馬がここで走るの?」って思うような意外性のあるタイプ。
今回はこの後者に多いタイプを取り上げてみようと思うのですが・・・

第2回の1997年14番人気で3着したショウナンナンバーはダート2勝馬。

2001年13番人気で2着したグラスエイコウオーもダート2勝馬。

2003年9番人気で勝ったウインクリューガーは500万でダート勝ちあり。

2007年17番人気で勝ったピンクカメオは父がフレンチデピュティでこの年18番人気で3着したムラマサノヨートーはダートで未勝利勝ちしていた馬。

2009年10番人気で勝ったジョーカプチーノはダートで未勝利勝ちあり、13番人気で3着したグランプリエンゼルは父がアグネスデジタルで自身も500万でダート勝ちあり。

2013年10番人気で勝ったマイネルホウオウは母父がフレンチデピュティ。

2014年17番人気で2着したタガノブルグは父がヨハネスブルグ。

2016年12番人気で3着したレインボーラインは母父がフレンチデピュティ。

2017年13番人気で2着したリエノテソーロは父がSpeightstownで全日本2歳優駿でダートG1を勝っていた馬。

この様に後者の意外性ある穴馬はダート実績があったりダート血統だったりという馬が多いんですよね。

そこで今回はそんなタイプの馬を探ってみようと思います。

 

今年のNHKマイルCでダート的な馬は?

今年の出走メンバーで実際にダート戦を勝ってる馬といえばグルーヴィット
血統的にも母母父にフレンチデピュティを持ってるので◯。
近親にはドゥラメンテやルーラーシップ、アドマイヤグルーヴ、フォゲッタブルなどがいる一族で、前走は初芝のファルコンSでいきなり2着しましたが、走法はダート的な走りをする馬なので、NHKマイルCは向いてるんじゃないでしょうか?

ワイドファラオは父がヘニーヒューズ。芝で2勝しているヘニーヒューズ産駒はこの馬とムスコローソだけですね。
ただこちらは前走が内有利な競馬を逃げての勝利だっただけに評価は微妙な気もします。

イベリスは母父がボストンハーバーなのでその母父にはVice Regentがいますね。
アーリントンCでは道中ラチ沿い追走馬がこぞって凡走していましたが、この馬は逃げて1着、着差以上に強い競馬だったと思います。

ハッピーアワーは父はハービンジャーですけど母母父にStorm Cat。
短いところを走るハービンジャー産駒は少ないですし、これも牝系の血が出ている印象の馬ですね。

今年はこのあたりに穴馬候補がいるような気がするのがどうでしょうか?

以上、アナコーの戯言でしたー!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!