【安田記念2019】アーモンドアイでもダノンプレミアムでもない軸馬予想!

フランケルJr.競馬Study

こんにちは、フランケルJr.です。
先週の日本ダービーは盛り上がりましたね。
人気を集めたサートゥルナーリアがスタートから立ち上がり出遅れるというアクシデントが起きた瞬間、テレビ越しからでもわかるファンのため息が今でも耳に残っています。
そしてストレートでの浜中騎手と戸崎騎手の叩き合い、浜中騎手の唖然とした顔、検量質での両者の握手、今年の日本ダービーは令和初というスパイスも相まって記憶にも残る日本ダービーになったのではないでしょうか。
競馬を通年しているものにとっては日本ダービーはGⅠレースの中の1つでしかない部分もあるのですが、やはり競馬界の祭典とも言われるレースなので少し感情が入ってしまいます。
数ある忘れられないレースの中でも上位に来る位の面白い見応えのあるレースでした。
ロジャーバローズ陣営には拍手を送りたいです。

今週で春の東京GⅠ連続開催が終わります。
最終戦は春のマイル王を決める安田記念です。
例年ならダービーの後なのであんまり盛り上がらないレースなのですが、今年は違います。
今年は昨年3歳牝馬三冠を達成して、ジャパンカップをレコードで制したアーモンドアイが登場します。
これだけの馬が安田記念に出走するというのはシルクレーシングの意図が何かありそうと勘ぐってしまうのですが、この馬のレースを国内で見れるというのはありがたいです。
凱旋門賞への挑戦は無くなったのでこれからも国内で見れそうですが、とりあえず春はこの一戦だけでしょう。
さらに土曜日は春のグランプリレース宝塚記念に繋がるレース鳴尾記念があるので今週は週末の2日間とも目が離せません。

鳴尾記念(阪神芝2000m)

4枠4番 タニノフランケル 武豊騎手
フランケル産駒としてデビューから注目されていましたが、クラシック戦線には乗り切れず、重賞でも大敗が続いていました。
今年にはいってから勝ち星こそないものの、中山金杯3着、小倉大賞典2着と結果を残したので本格化したと考えていいでしょう。
この馬の問題点は逃げと言う脚質です。
この脚質が生きるコースは限られているのですが、今回は勝利経験のある阪神コースに替わるので適性面的には問題ないでしょう。
今回は標的にされることは間違いないのですが、今年のこの馬の戦績とペースを知り尽くしている武豊騎手が鞍上ともなれば華麗な逃げがみれるからも知れません。
開幕週の阪神コースなので脚質が生きると考えているので重賞初勝利もあるでしょう。
馬名からフランケル産駒であることは分かるのですが、母は先日亡くなった名牝ウォッカなので母の弔いも込めて好走に期待したいです。

安田記念(東京芝1600m)

3枠5番 インディチャンプ 福永騎手
確実に1番人気になる事が予想されているアーモンドアイと同じオーナーなのでシルクレーシングの使い分けという点で気になる部分はあるものの、本格化した今なら普通に勝負出来ると考えています。
福永騎手との相性は抜群ですし、中間・最終追い切りの動きはメンバーの中で上位で光るモノがありました。
前走は久しぶりの分スタートで遅れてしまったのですが、今回は自身が始めて重賞タイトルを獲得した東京マイルなので適性面は問題ありませんし、ローテーション的にも問題ありません。
このメンバーなら気楽に乗れるので東京新聞杯の時の様に乗れれば頭まで考えられるので注目したい。

以上が鳴尾記念と安田記念の注目馬です。
久しぶりの国内戦となるアーモンドアイがどのような競馬を見せてくれるのか楽しみです。
アーモンドアイにダノンプレミアムとマイル路線はいきなり層が厚くなったのでハイレベルなレースに期待したいです。

印は馬柱で公開しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!