【函館スプリントS2019】アノレースの勝ち馬を買い続けると儲かる説

ank2019

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週から再び三場開催、北海道では函館開催が始まりますね。

函館の開幕週を飾るのはサマースプリントシリーズ第一弾の函館スプリントステークス。

今年はフルゲートには届きませんでしたが、高松宮記念で1番人気に支持されたダノンスマッシュ、京王杯SC1.2着のタワーオブロンドン、リナーテなどが参戦。

そんな函館スプリントSですが過去10年の三連単平均配当は285.209円と波乱含み。

今年はぜひとも買っておきたい馬が1頭参戦して来るので今回はその馬に関するデータを取りあげてみようと思います。

 

函館スプリントSはアノレースの勝ち馬に注目

2019y06m13d_233314336

上記画像馬は函館スプリントS過去20年において・・・

前年の函館2歳Sを制した3歳馬

の全成績になります。

全部で7頭が走って【0.0.3.4】複勝率42.9%、勝ち馬こそ出ていませんが複回値285と好走傾向です。

この内、

前年函館2歳Sを制してから2ケタ着順を2回以上経験していた馬は【0.0.0.4】複勝率0%

前年函館2歳Sを制してから2ケタ着順を2回以上経験していなかった馬は【0.0.3.0】複勝率100%

両極端ですが結構わかりやすい結果になってますね。

今年も昨年の函館2歳S勝ち馬が出てきましたのでこれは注目してみようと思います!

 

今年の該当馬は?

今年の出走馬で昨年の函館2歳S勝ち馬・・・というとアスターペガサスですね。

前走葵Sでは57kgを背負って2着→今回はそこから5kg減の52kgという事でそこそこ人気になりそうですが、まあこの顔ぶれだと仕方ないか。

アスターペガサスは牝系4代前にForty Ninerを2本持っているせいか、気性的にはかなり難しさを持った馬なのですが、そのせいか距離1200は【2.1.0.0】、1400以上は【0.0.0.4】、やはりこの距離でこその馬なんだと思います。

昨年函館2歳Sを制して以降の成績は5.7.4.13.2着で2ケタ着順に敗れたのは橘Sだけなので、過去データ通りなら馬券になる方のタイプ。

橘Sの追い切りの時は体重の軽い小崎騎手が跨り、軽めの調整で挑んでの惨敗でしたが、前走葵Sの時は体重の重い調教助手が跨り一杯に追われて結果を出しました。

今回も函館ウッドコースでの最終追い切りでは調教助手が乗って強めに追う稽古内容。

滞在競馬という事で輸送を考慮しなくていいのもプラスだと思います。

また昨年の函館2歳Sは道中内目を通った馬が掲示板を占める中、この馬だけが外から伸びて1着と強い内容でした。

函館スプリントSは基本的には先行馬有利な傾向なので位置取りは不利になりそうですが、函館コースへの適性は間違いなくある馬だと思います。

能力的にはダノンスマッシュやタワーオブロンドンに見劣るかもしれませんが、洋芝適正と有利な斤量で好走を期待したいですね!

以上、アナコーの戯言でしたー。

 

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!