【七夕賞2019】美浦ウッドコース閉鎖の影響

ank2019

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

先週から夏競馬も本格化、先週は全国的に雨に祟られましたが今週も不安定な天気が続いていますね。

ローカル開催、ハンデ戦、重馬場・・・と予想するのに難しい材料が多かったですが、先週からさらに予想が難しくなる材料が増えてしまいました。

それは美浦トレセンの大規模改修工事によるウッドコースの閉鎖問題です。

美浦トレセンの改修工事が始まり、ウッドコースが閉鎖されてしまったんですよね。

実際どんな結果になっていたのか?今回はその辺について調べてみました。

 

美浦人気馬が危険!?

2019y07m05d_095705501

こちらは先週土日福島競馬場における1~3番人気の成績を美浦、栗東で分けて出してみたものになります。
関東馬(美浦)の人気馬は複勝率4割しかなったのに対し、関西馬(栗東)の人気馬は複勝率7割。
出走頭数の違いもあるので一概に言えませんが美浦組の成績はあまり芳しくはないですよね。

実際昨年同週で見てみると以下の通り。

2019y07m05d_095721732

関西馬は昨年も今年もそれほど変わっていませんが、関東馬は昨年の複勝率53%が今年は40%ですから13%もダウンしている事がわかります。

もともと坂路で仕上げてるようなタイプは影響ないでしょうが、美浦の強い馬の多くはやはりウッドコースで仕上げられている馬が大多数。やはりウッドコース閉鎖の影響は大きく出てしまったようです。

 

天栄仕上げなら大丈夫なのか?

そこで俄然注目が集まるのがノーザンF天栄組。
先週福島で1~3番人気に支持された関東馬のノーザンF生産馬の成績だけ見てみると以下の通り。

2019y07m05d_100413458

これだけの馬が人気を裏切っていました。
実際どの馬が外厩仕上げかまでは調べていませんが、その可能性が高い中7週以上の馬は6頭、新馬が2頭。
それ以外でも休み明け2戦目っぽい間隔の馬が何頭かいました。
おそらくはこの中のほとんどが天栄仕上げかその2戦目の馬だったと思われます。

私見ですけど、外厩仕上げの馬で走る馬って、放牧から戻っての追い切りも馬なりで速い時計が出たりとか、悪くない馬が多いと思うんですよね。

最後の仕上げがうまくいかないだけでこれだけも差が出てしまうものなんでしょうかね。。。

ただしノーザンFの馬ってだめな週があると必ずどこかで巻き返して来る事もあるので、今週は何か対策を講じて来る可能性もあります。

ただ、それでもこれが東京開催とかG1場所だったら死に物狂いで何か手を打って来るんでしょうけど舞台は福島、今週も先週同様の傾向になる可能性もありそうです。。。

 

とりあえず迷ったら関西馬を

という訳で今週積極的に狙うなら関西馬かなと思います。

特に七夕賞に出走する美浦組はすべてふだんはウッドコースに入れて稽古している馬なので、多少影響があるかと思います。

あとは震災で馬場を張り替えた2012年以降の七夕賞ではクロフネロベルトを持つ馬が毎年好走しているので、クロフネのいない今年は(同じVice Regent系のフレンチデピュティはいますけどここではクロフネ限定とします)、ロベルトを持つ馬に注目したいですね。

関西馬でロベルト持ち・・・ブラックスピネルもいますけど個人的にはストロングタイタンタニノフランケルに注目してますがどうでしょうか?

以上!アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!