【オールカマー&神戸新聞杯2019】軸馬予想|両レースとも堅い決着濃厚

フランケルJr.競馬Study

こんにちは、フランケルJr.です。

今週は先週と打って変わって涼しく感じる日が多かったです。
空も街も一気に秋めいてきましたね。
先週のアイルランドGⅠのアイリッシュチャンピオンステークスでディアドラは惜しくも馬券に絡むことは出来ませんでしたが、4着と頑張ってくれました。
このレースは施工時期が変わってから凱旋門賞に出走予定の馬が集まるレースとなりました。
今年も出走予定馬が出走してきました。
その中で4着なので評価出来るのではないでしょうか。

フランスでは前哨戦のフォワ賞が行われ、日本からキセキが参戦しました。
4頭立てと超少頭数の一戦でした。
結果は逃げ粘る事が出来ず3着でした。
着順を見る限りでは好結果の様に見えますが。頭数を考えると本番は大丈夫なのかと思ってしまいます。
控えることが出来れば着順も変わると思うのでC.スミヨン騎手の手腕に期待したいです。

今週も月曜日が秋分の日なので祝日となり3連休となるのですが、競馬は通常通り2日間開催です。
今週の2重賞はどちらもGⅡレースです。
中山メインで行われるオールカマーはこの秋GⅠ戦線を占う一戦です。
阪神メインで行われる神戸新聞杯は先週のセントライト記念と同じで菊花賞に向けてのトライアルレースです。
今週末はハッピーな3連休ですが、あいにくの天気模様なので馬場コンディションを見極めながら競馬を楽しみましょう。

神戸新聞杯(阪神芝2400m)

3枠3番 サートゥルナーリア 牡3 56.0㎏ C.ルメール騎手
菊花賞トライアルではあるものの、賞金に十分余裕があるのでここで権利は求めていないのは明白です。
大げさに言えば、別にここで結果を出す必要はないし、陣営も求めていないでしょう。
前走の日本ダービーではC.ルメール騎手が騎乗停止で騎乗出来ず、D.レーン騎手が騎乗しましたが4着と結果を残す事が出来ませんでした。
敗因はジョッキーがテンションと言っていたので参考外でしょう。
名馬達が通ったレースに秋初戦で堂々と挑む姿勢や、GⅠ2勝という戦績からもここは恥ずかしい競馬は出来ませんし、結果も求められる戦いになるでしょう。
しかし、データを見る限りではサートゥルナーリアに不安材料があります。
実は皐月賞馬は神戸新聞杯と相性が悪いのです。
過去10年皐月賞馬は2頭このレースに挑戦しましたが、どちらも馬券に絡んでいません。
このデータをあなたはどう評価するか。

オールカマー(中山芝2200m)

7枠8番 レイデオロ 牡5 58.0㎏ 福永騎手
一昨年のダービー馬で、昨年は天皇賞秋を制するなど現役トップクラスの実力です。
今年はドバイ挑戦でリズムを崩したのか、2戦して結果を残す事が出来ていません。
前走の宝塚記念は状態面も問題なかったものの結果を残す事が出来ませんでした。
しかし敗因はコース取りだと鞍上を務めたC.ルメール騎手がコメントしていたので、立て直した今回ならと思っていたのですが、週末の雨予報が気になります。
前走も馬場の緩さが敗因になったとするなら、今回はさらにその影響も受ける可能性もありますし、秋の大一番に向けての始動戦という事でここが万全の状態というわけでもないです。
その点をどのように評価するかが鍵になるでしょう。

以上が神戸新聞杯とオールカマーの最有力候補です。
どちらも出走メンバーを見る限りでは堅い決着になりそうでしたが、週末の雨予報が予想を難解にしそうです。
状態面はもちろんですが、重馬場適性があるかどうかも予想のポイントになりそうです。

印は馬柱で公開しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!