【マイルチャンピオンシップ2019】今年の秋の京都G1には意外な傾向があった!

ank2019

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当(初代)アナコーchigetonです!

今週は京都で行われる今年最後のG1マイルチャンピオンシップ2019が行われますね。

G1馬はアルアイン、インディチャンプ、ペルシアンナイト、モズアスコットと4頭のみですが、カテドラル、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、プリモシーンと今年G1で2.3着のある馬の参戦も多く楽しみな組み合わせとなりました。

そんなマイルチャンピオンシップ、本日枠順も確定しましたけどちょっと今年の秋の京都G1にはちょっと面白い、意外な傾向がある事を見つけましたので、今回はそれについて書いてみようと思います!

 

マイルチャンピオンシップ2019 枠順確定!

本日確定した枠順と騎手は以下の通り

1枠1番ダノンキングリー 横山典弘
1枠2番グァンチャーレ 松岡正海

2枠3番マイスタイル 田中勝春
2枠4番レッドオルガ 岩田望来

3枠5番インディチャンプ 池添謙一
3枠6番フィアーノロマーノ 藤岡康太

4枠7番ペルシアンナイト O.マーフィー
4枠8番プリモシーン W.ビュイック

5枠9番クリノガウディー 藤岡佑介
5枠10番アルアイン R.ムーア

6枠11番カテドラル 武豊
6枠12番モズアスコット 和田竜二

7枠13番タイムトリップ 幸英明
7枠14番ダノンプレミアム 川田将雅

8枠15番ダイアトニック C.スミヨン
8枠16番エメラルファイト 石川裕紀人
8枠17番レイエンダ C.ルメール

これまで戸崎圭太騎手とずっとコンビを組んできたダノンキングリーは戸崎騎手が怪我の為、横山典弘騎手への乗り替り。
インディチャンプも福永祐一騎手が騎乗停止の為、池添謙一騎手への乗り替りとなりました。

 

今年の秋の京都G1、意外な傾向とは?

今年の秋の京都G1なんですけど、長く競馬をやってますけどあまり見かける事のない傾向が続いています。

それは死に目の好走です。

秋華賞では過去10年どころか21年間もの間、1頭も馬券になっていなかった8番ゲートでカレンブーケドールが2着

菊花賞もこの10年は1頭も馬券になっていなかった5番ゲートでワールドプレミアが1着

そして先週のエリザベス女王杯も17年間1頭も馬券になっていなかった2番ゲートでラッキーライラックが1着

なんと3R連続で10年以上死に目だった馬番が連対しているんですよね。

こんなの何の根拠もありませんし、たまたまなんでしょうけど、そんな偶然めいた事が案外続いたりするのがギャンブルというもの。

マイルチャンピオンシップでもちょっと気にしてみたいです。

 

死に目を引いたのはどの馬?

マイルチャンピオンシップで10年以上馬券になっていないのは

6番ゲート(16年間好走なし)
9番ゲート(17年間好走なし)
14番ゲート(17年間好走なし)

この3つの馬番を引いたのは

フィアーノロマーノ
クリノガウディー
ダノンプレミアム

の3頭。

4R連続で死に目から好走馬が出るのか!?注目してみたいですね。

以上!アナコーの戯言でしたー!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!