札幌2歳ステークス【札幌芝1800mコースデータ】ディープ&キンカメが得意

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、札幌2歳ステークスの舞台である札幌芝1800mのコースデータをご紹介いたします。

2枠が好調

始めに以下にまとめたのは札幌芝1800mの枠順別成績(2014年以降)です。

WS000000

好成績を残しているのは2枠。勝率、連対率、複勝率はすべての面で最もいい数字を残しており、単・複回収率ともに100%を超えています。特にAコース使用時は【12.7.5.27】(勝率23.5%、連対率37.3%、複勝率47.1%、単回収率286%、複回収率181%)と抜群の数字。コース別の枠順別成績を集計すると、だいたいのコースで2枠は好成績を収めていますが、札幌芝1800mでは特にその傾向が強いようです。

ただし、札幌2歳ステークスでは2枠が決して強くなく、むしろ外枠の方が好成績を残しています(以下参照)。

WS000004

ご覧の通り、2枠は悪いわけではありませんが、積極的にも買えない数字。むしろ7枠、8枠が回収率の面では優秀な成績を残しています。札幌2歳ステークスは開催後半に行われるので、内をロスなく立ち回るメリットがあまりなく、外からスムーズに運べるかどうかのほうが重要なのかもしれません。

札幌芝1800mを得意としている騎手は?

次に札幌2歳ステークスが行われる札幌芝1800mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が10回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

WS000001

1位はモレイラ騎手。人気馬ばかりに騎乗しているのもありますが、それにしても複勝率~とダントツの数字。特に単勝2.9倍以下の馬に騎乗した時は【4.2.0.0】(勝率100%、連対率100%、複勝率100%、単回収率140%、複回収率100%)とパーフェクトな成績を残しています。同コースでモレイラ騎手が人気馬に騎乗していた時は無理に逆らわないほうが良さそうです。

2位はルメール騎手。モレイラ騎手同様、人気馬ばかりに騎乗しているので単・複回収率は伸び悩んでいますが、平場(特別戦以外)のレースでは【7.3.3.6】(勝率36.8%、連対率52.6%、複勝率68.4%、単回収率113%、複回収率92%)と抜群の成績を残しています。特に新馬、未勝利で好成績を収めています。

日本人騎手では吉田隼人騎手、岩田康誠騎手、松田大作騎手が回収率も含めて優秀な成績を残しているといってよさそうです。

札幌芝1800mを得意としている種牡馬は?

最後に札幌芝1800mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が10回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

WS000003

1位は以外にもディープインパクト。複勝率は51.4%に達し、単・複回収率はともに100%越え。上位人気に推される馬が多い中、非常に優秀な数字をキープしています。期間内の重賞では14年クイーンステークスでキャトルフィーユが1着、スマートレイアーが2着に好走。今年の札幌2歳ステークスでもディープインパクト産駒がいたら要注意といえるでしょう。

2位はアドマイヤムーン。産駒はどちらかというと短距離のイメージが強いですが、札幌芝1800mは得意としている様子。今年に入っても札幌芝1800mで行われた富良野特別で同産駒のミスズダンディーが9人気1着と波乱を演出しました。

そのほかでキングカメハメハも好調。出走回数が56回もありながら複勝率39.3%、単・複回収率ともに100%を超えています。札幌2歳ステークスでも14年にレッツゴードンキが7番人気3着と波乱を演出。今年のクイーンステークスではトーセンビクトリーが6番人気2着と好走するなど、重賞でも活躍しています。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!